【年600万円】を完全自動化した川野さんはネットで収益を上げることを怪しいと思っていました

こんにちは、山崎です。

今回は見事趣味でマネタイズに成功した
川野さんのインタビューを紹介していきたいと思います。

それがコチラ

山崎×川野さん 成功者対談  -前編-
https://vimeo.com/566521206/c3682464d7

より詳しくコチラの実績者の欄をご覧ください。
https://jdline.mobi/oen_dxakumei

川野さんは元々高卒フリーターをやっており、
二十代中盤でブラック企業に勤めましたが、

リーマンショックでクビになる。

そこから脱サラして人材派遣会社の社長として働いていましたが、
経営が上手くいかず借金を抱える。

そんな悩んでいる時、僕とお会いした方です。

そして、川野さんは残りの人生を考えた時に、
僕の直接指導を受けることが安いと思い、
そこから連絡を密に取り合う仲になりました。

そして、そんな川野さんが、
僕が指導をして初めて実績が出たのが、
元々好きだったゲーム(ファミコン)にまつわるビジネス。

つまり、自分の趣味で川野さんはマネタイズをしていったのです。

具体的にはゲーム本体・ソフトの転売から始め、
そこから興味があったゲームソフトの修理も始めていき、
マネタイズにしていったという形になります。

で、このようなことを書くと

元々川野さんはゲームに関して、無茶苦茶詳しかったのでは?

と思う方もいるかもしれませんが、
正直、川野さんは世間でよくいる

「ゲームをするのが好きなおじさん」

くらいな感じです。

しかし、僕が指導したことを土台に、
ゲームに関して色々と調べていった結果、

まずはゲーム本体・ソフトの転売で利益を出し、
そしてゲームソフトの修理でマネタイズできるようになったのです。

で、さらに川野さんがやり手なのは、
これらを自分でずっと実践せずに、

外注を使っていき、
自分は何もせずに利益を出し続けていったのです。

さらに外注化はゲーム関係だけでなく、
外注に様々なサイトを作らせていき、

今では月50万円ほど、
オンラインにて自動で収益を生み出している状態になったのです。

つまり、年600万円を自動化したわけです。

ちなみにこの年収600万円は、
働いて稼ぐというものではなく、
自動で手にしているとものというわけです。

このような状況からも、
一時はかなり危機に追い込まれていた川野さんでしたが、

見事にオンラインを利用して、
窮地から脱出することができたのです。

しかし、その窮地から脱出する、
きっかけになったオンラインですが、

川野さんは当初オンラインで収益を上げることを
非常に懐疑的に思っていました。

というのも、川野さんは
元々労働信仰者的な考えが強く

川野さん
川野さん
お金は馬車馬のように働いて、大きく稼ぐもの

と思っていたからです。

けど、オンラインを上手く活用すると、
自分は何もしなくとも稼げてしまうことからも、
川野さんの考えとは真反対。

ですから、オンラインに収益を上げることに関して、
「怪しい」「胡散臭い」というイメージが、
川野さんの中では強かったのです。

ちなみにこれは川野さんだけでなく、
多くの方がこのように思ってもおかしくありません。

というか、僕自身も最初は、
オンラインで収益を上げることに関して懐疑的でした。

なぜ、自分が作業をしなくて売り上げを出すことできるのかと。

川野さん
川野さん
何か悪いこととかしているからこそ、そのようなことができるのではない?

とも本当に思っていたりしましたし(苦笑)

けれども、僕も川野さんもそうでしたが、
色々と調べていくうちに別にオンラインで収益を上げることは、
怪しくもなく、胡散臭くもないことに気づいていくものです。

なぜなら、調べていくと、
オンラインで商売をするのは、

ただ単にオンライン上がビジネスの主戦になっただけで、
オフラインとやることは変わらないからです。

むしろ、オンラインの方が、
初期費用や経費などが掛からない、

ツールや外注が自分の代わりに働いてくれるので、
オンラインよりも遥かに効率が良いのです。

つまり、商売をするなら、
ネットのが有利というわけです。

そう、ですから、
このような状況や背景がわかったからこそ、
川野さんも意を決して僕のコンサルに入会してくれました。

で、結果的に苦しい状況を脱出できるまでになった、
むしろ、それ以上に川野さんは、
トンデモない状況にもなってきています。

・・・というわけで、そのトンデモない状況を
次回のメールで紹介していきたいと思います!

 

ps.川野さんもコンサルで学んだことと同じ内容は、
現在のブログ・SNS0円集客 with DX(自動化)革命で学ぶことができます。

個別zoom相談会について
https://jdline.mobi/oen_dxakumei

 

error: Content is protected !!